【チケット販売】エストニア国立男声合唱団


tempo_logo.png
クラシックコンサートマネージメント、イベント企画のテンポプリモ



menu_09.pngmenu_08.png

manu_03.pngmanu_05.pngmanu_07.pngmanu_09.pngmanu_11.pngmanu_13.png

ticket_top02.jpg

チケット販売

販売中のチケットのお求めはこちらから

HOME > contents > ticket > エストニア国立男声合唱団

エストニア国立男声合唱団


RAM-0305.jpg歌うことは生きること」
―バルト三国屈指の合唱大国エストニアが贈る
グラミー賞受賞を誇る世界最高の男声合唱団、遂に初来日!

LinkIconチラシのダウンロードはこちら

バルト三国屈指の合唱大国エストニアが誇る世界最高の男声合唱団が遂に初来日!2004年にエストニア出身のパーヴォ・ヤルヴィとエストニア初のグラミー賞を獲得(シベリウスのカンタータ)。今回、エストニア政府全面協力の下、初の日本ツアーが実現し、さらにNHK交響楽団の指揮者パーヴォ・ヤルヴィとのシベリウス作曲のクレルヴォ公演も決まるなど、注目を集めています。その実力は折り紙付き。エストニア全土をはじめ旧ソ連、ドイツやフランスをはじめヨーロッパ各国、イスラエル、カナダ、アメリカ、中国でのツアーを行ない好評を博している。2016年はサンクトペテルブルク、アルメニア、ジョージアに招かれて絶賛された。今回、日本国内最高の男声合唱団と名高い合唱団お江戸コラリアーずとのコラボに加え、ラフマニノフ作曲の「徹夜祷」やシベリウス作曲の「フィンランディア賛歌」など男声合唱史に慄然と輝く数多くの名曲をお届け!
世界中を席巻する、その洗練された音楽に深みが加わり類を見ないハーモニー。北の大地から50人が贈る魂の雄叫び。合唱ファンでなくとも聞き逃すことはできません!


エストニア国立男声合唱団
Estonian National Male Choir

RAM_2013.pngエストニア国立男声合唱団は同国合唱界の伝説的存在、指揮者で作曲家のグスタフ・エルネサクスによって1944年に設立された。初期は彼の手がけた無伴奏作品を主なレパートリーとしていたが、今では大規模な交響作品を定期的に演奏している。エストニア国営放送のために多くレコーディングを行うほか、ドイツ・グラモフォン、ソニー、フィンランディア他から多くのCDがリリースされている。2004年にはエストニア初となるグラミー賞を最高合唱演奏部門で獲得した(パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団、国立少女合唱団エレルへインとのシベリウスのカンタータ)。
2011-12のシーズンより首席指揮者で芸術監督のミック・ウレオヤが同合唱団を率いる。レバートリーはルネサンスから現代曲まで幅広く、エストニア作品の多くの初演を手がけた他、ショスタコーヴィッチ、オタール・タクタキシヴィリ、ジョバンニ・ボナートなど世界的作曲家の作品の初演も行なった。これまでの長い歴史の中で、エストニア全土をはじめ旧ソ連、ドイツやフランスをはじめヨーロッパ各国、イスラエル、カナダ、アメリカ、中国でのツアーを行なっている。2016年はサンクトペテルブルク、アルメニア、ジョージアに招かれて好評を博した。2015年エストニア国立文化勲章を受賞。

ミック・ウレオヤ (指揮者)
Mikk Üleoja, Conductor

mick.png1997年にエストニアの音楽アカデミーで学び、2004年に音楽学位を取得。この間、ワールド・ユース合唱団、エストニア男声合唱団、エストニア・フィルハーモニー室内合唱団、グレゴリオ聖歌合唱団Vox Clamantisの合唱団員として活動した。聖ミカエル少年合唱団やマットン室内合唱団の指揮者として活躍し、カーリ教会合唱団の首席指揮者やタルトゥのヴィルヤンディ文化アカデミーにて合唱を指導。1998年から2011年にはエス
トニア・フィルハーモニー室内合唱団のコーラスマスターを務めた。2011-12シーズンからはエストニア国立男声合唱団の首席指揮者と芸術監督を務める。
これまでに手がけたCDは5作品がリリースされており、特に2007年リリースのエストニアの現代作曲家マルト・サール作品集がエストニア文化基金の年間大賞を受賞している。

合唱団お江戸コラリアーず (共演)(指揮:山脇卓也)

oedo.png1998年4月設立。「ず」は平仮名。 年齢や出身大学にとらわれない雰囲気を大切にし、「全員が主役」をモットーに、男声合唱の新たな響きとスタイルの獲得を目指し活動している。 ボイストレーナーとして大島博氏の指導を仰ぐ。第62(2009 年)~ 70(2017年)回全日本合唱コンクール全国大会にて金賞を8回受賞。
http:/oekora.net/

予定プログラム

ラフマニノフ:徹夜祷より
1. 来たれわれらの王 2. わが霊や主を讃えあげよ 3. 生神童貞女や慶べよ
シベリウス:フィンランディア賛歌
メンデルスゾーン:晩課の歌
シューベルト:水の上の精霊の歌
ボナート:大いなるしるし
トルミス:古代の海の歌 (共演:合唱団お江戸コラリアーず)
トルミス:雷鳴への祈り
トルミス:牧童の呼び声
トルミス:サンポの鋳造 他
※演奏曲目は予告なしに変更になる場合がございます。

公演情報

2018年9月23日(日) 14:00開演(13:30開場)

会場:すみだトリフォニーホール 大ホール

全席指定 S席:5500円、A席:4500円、学生券:2000円

(※枚数限定/座席指定不可/当日学生証要提示/テンポプリモ電話のみ取り扱い)
※未就学児入場不可


WEB受付はこちら

2018年4月20日(金)一般発売

kounyuu.jpg

チケットのお申込み

テンポプリモ 03-3524-1221
トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212
イープラス eplus.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 pia.jp/( Pコード112-498)
ローソンチケット 0570-000-407 l-tike.com/( Lコード34462)

主催:テンポプリモ 共催:すみだトリフォニーホール 
後援:在日エストニア大使館、日本・エストニア友好協会

チケット販売

trinity-2018-4.jpg

gitlis2018.jpg

Svetlanov2018-2.jpg

sarah-2018-2.jpg

RAM-0305.jpg

kounyuu.jpg
チケットの購入はこちら!

Facebook-logo.jpg
テンポプリモ公式facebook!